2019年09月11日20時50分
  • イラクの聖地・カルバラーで発生した群集事故
    イラクの聖地・カルバラーで発生した群集事故

イラクの聖地・カルバラーで発生した群集事故を受け、カルバラ州で3日間の正式な服喪が発表されました。

聖地カルバラーで、イスラム暦モハッラム月10日(アーシュラー)に当たる10日火曜、シーア派3代目イマームホサイン殉教の追悼儀式の最中に群集事故が発生、この中で30人以上が死亡、100人が負傷しました。

カルバラーではアーシュラーの日の追悼儀式が開催され、400万人を超えるイスラム教徒が参加していました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント