2016年07月25日16時22分
  • トランプ氏、アメリカのWTO脱退を示唆

アメリカ大統領選挙の共和党候補のトランプ氏が、アメリカがWTO世界貿易機関から脱退する可能性もあるとしました。

トランプ氏は、24日日曜、大統領選挙に勝利した場合、関税率の見直しに関する自身の計画にWTOが反対すれば、アメリカのWTO脱退も選択肢になると語りました。

トランプ氏は、NBCテレビのインタビューで、自身の提唱する計画を説明し、「生産活動をアメリカ国外に移転するアメリカ企業には、国外の工場からアメリカに製品を輸出する場合、30%まで関税を課す」と語りました。

また、WTOの規定は、この計画を妨げるものだとした司会者の質問に対し、「それは全く重要ではない。アメリカはこれに関して協議するか、WTOを脱退するかだ」と語りました。

さらに、「WTOとその規定は悲劇だ」と述べました。

専門家は、このトランプ氏の性急な決定は、アメリカ経済の孤立と輸入品価格の高騰につながるだろうとしています。

トランプ氏は先週の共和党大会で、共和党の大統領候補に指名されました。

 

タグ

コメント