ある機密報告書が、テロ組織ISISは、シリア大統領の反対派をアメリカ大統領が支援したことで作り出されたと明らかにしました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、13日土曜に公開された、2012年のある防衛情報に関する機密報告書は、アメリカのオバマ大統領の支援を受け、イラクのアルカイダに導かれていたシリアのアサド大統領の反対派がすぐに統合された後、テロ組織ISISが創設されたとしています。

この報告はまた、アメリカは国内法により、イラクのアルカイダに対する直接的な支援を禁じている一方で、アメリカの国務省と国防総省の関係者は、この「中道派」とされていた組織が、武装テロ集団と大変近い関係にあったことをよく知っていたことを暴露しました。

さらに、オバマ大統領によって正当なシリアの人々の代表とされていた反対者は、ISISの前身、つまりアルカイダによる指導を受けていたとしました。

この機密報告書はまた、複数の証拠は、オバマ政権がISISの危険性をほとんど理解できていなかったことを示しているとしています。

2016年08月14日17時45分
コメント