• OPECが石油供給量の制限で合意

OPEC石油輸出国機構が、石油の供給量を制限することで合意しました。

OPEC加盟国は、1日当たりの産油量を現在の3324万バレルから3250万バレルに削減することで合意しました。

OPECの石油・エネルギー相会合は28日水曜、アルジェリアでの国際エネルギーフォーラムの会合の終了後まもなく開催されました。

シャナ通信によりますと、イランのザンゲネ石油大臣は28日、アルジェリアでの会合の後、この会合の結果に満足の意を表し、「28日、OPECで例外的な決定がとられた。OPECは2年半を経て市場の管理について一致した」と述べました。

ロイター通信も、OPECの2つの消息筋の話として、「OPEC加盟国の産油量の割り当てに関する合意が11月の会議で実現するだろう」と報じました。

こうした中、OPECの減産合意の報道を受け、原油価格は上昇しました。

2016年09月29日17時38分
コメント