ロシアのラブロフ外務大臣が、「ロシアが、アメリカとは異なり、他国の問題に干渉しない」と語りました。

ロイター通信によりますと、ラブロフ外相は、16日木曜、ドイツのボンで、アメリカのティラーソン国務長官と会談し、「ロシア政府は、他国の内政の問題に干渉しない」と語りました。

ラブロフ外相は、両国には議論すべき多くの問題があるとし、「協議のプロセスが決定されるべきだ」と語りました。

ラブロフ外相とティラーソン長官は、ISISやウクライナ問題に関しても協議しました。

両者の初めての会談は、ボンで開催されたG20外相会議の傍らで行われました。

アメリカのオバマ前政権は、この3年、ウクライナ情勢を理由に、ロシアに対して複数の経済・金融制裁を発動しました。

アメリカの圧力により、EUも同様の制裁を行使し、ロシアの反発を招きました。

2017年02月17日17時46分
コメント