• アメリカのユダヤ教団体が、モスクにコーランを贈呈するキャンペーンを立ち上げ

アメリカのあるユダヤ教団体が、イスラム排斥の中で攻撃されたアリゾナ州トゥーソンのモスクにコーランを贈呈するキャンペーンを開始しました。

イクナー通信によりますと、トゥーソンのユダヤ教徒らは18日土曜、この町に住むイスラム教徒を支持するため、最近襲撃されたこの町のモスクに新しいコーランを寄付するキャンペーンを立ち上げました。

この団体は、1万4000ドルの寄付金を募り、コーランを新たにそろえるための費用をイスラム教徒に寄付して、被害と侮辱を受けたコーランを新しいものに取り替える費用に充てることを目指しています。

トゥーソンのモスクは先週、襲撃を受け、100冊以上のコーランが破られるという被害を受けました。

これ以前には、アメリカのイスラム教徒もキャンペーンを行い、人種差別による襲撃を受けた墓地の修復のための費用をユダヤ教徒に提供しています。

アメリカでは、少数派の宗教の信者が人種差別による攻撃を受けるケースが多発していますが、最近はトランプ政権が発足して以来、イスラム教徒に対する攻撃が激化しています。

2017年03月19日18時09分
コメント