• ロシア上院関係者が、日本と韓国の核武装化に警告

ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長が、韓国と日本におけるアメリカの核兵器の配備による結果について警告しました。

イルナー通信によりますと、コサチョフ委員長は19日日曜、「核兵器を保有していない国々に核兵器を配備することは、NPT核兵器不拡散条約への明らかな違反である」と語りました。

一部のメディアによりますと、アメリカのティラーソン国務長官は、アメリカが日本と韓国に核兵器を配備する可能性も否定できないと表明しています。

アメリカの恒常的な駐留や干渉行為、そして韓国や日本との大規模な合同軍事訓練の実施により、朝鮮半島情勢は緊迫化しており、ロシアや北朝鮮といった国々は、これに反応を示しています。

2017年03月19日18時53分
コメント