• サッカーW杯2026年大会からアジア出場枠が8チームに

FIFA国際サッカー連盟の決定により、ワールドカップ2026年大会から、出場国の数が48カ国に拡大し、アジアの出場枠も8カ国となります。

FIFAは、2026年大会から、出場国の数を現在の32カ国から48カ国に拡大することを決定しました。

FIFAの提案によれば、各大陸の出場枠は、ヨーロッパが16、アフリカが9、アジアが8、北中米アメリカが6、オセアニアが1、南米6となります。

これにより、アジア諸国のワールドカップ出場の道は今以上に容易になります。

現在のアジアの出場枠は4.5です。

FIFAのこの改革案は、5月9日の理事会で承認されると見られています。

2017年03月31日19時30分
コメント