中国が、アメリカのミサイル迎撃システムTHAADの韓国配備に反対したのに合わせ、韓国国防省は、その配備計画に変更はないと発表しました。

韓国・ヨンハプ通信によりますと、韓国国防省の報道官は、17日月曜、声明の中で、THAAD配備の時期が遅れるとする一部の情報に対し、「このシステムの配備計画に変更はない」と語りました。

17日月曜朝、韓国のファンギョアン首相は、アメリカのペンス副大統領と会談し、両者はTHAADの配備を強調しました。

こうした中、中国は再び、THAADの韓国配備に強い反対を示しました。

中国外務省の報道官は、17日、北京での定例記者会見で、「中国は今もTHAADの韓国配備に反対であり、関係各国に対し、中国の懸念を肯定的に捉え、地域の平和と安定に向けて努力するよう求める」と語りました。

2017年04月17日19時52分
コメント