• ロシア外交官が北朝鮮関係者と朝鮮半島問題について意見交換

ロシアの外交官が、北朝鮮の関係者と会談し、朝鮮半島問題に関して話し合いを行いました。

北朝鮮の通信社によりますと、ロシア外務省のブルミストロフ巡回大使は、ピョンヤン入りし、北朝鮮のシン外務次官と会談し、朝鮮半島問題の解決に関して意見交換を行いました。

ブルミストロフ大使は、「現在、朝鮮半島の核問題の解決は行き詰まりに陥っている」と語りました。

シン外務次官もこの会談で、アメリカが北朝鮮に対する敵対政策と核による脅迫をやめない限り、北朝鮮も核兵器と弾道ミサイルについて話し合いを行ったり、計画を中断することはないとしました。

アメリカ、中国、日本、ロシア、南北朝鮮は、朝鮮半島の核問題を解決する6カ国協議の参加国でしたが、2008年末から、アメリカの北朝鮮に対する敵対政策と約束不履行により、この協議は中断しています。

2017年07月26日17時25分
コメント