• ラブロフ外務大臣

ロシアのラブロフ外務大臣が、北朝鮮に対するアメリカの敵対的な発言を批判しました。

ロイター通信によりますと、ラブロフ外務大臣は、11日金曜、トランプ大統領の北朝鮮に対する発言に懸念を示しました。

ラブロフ大臣はまた、ロシアと中国は、朝鮮半島危機を緩和する計画があり、これにより、北朝鮮はミサイルの発射実験を停止し、アメリカと韓国も合同軍事演習を停止すべきだとしました。

この数週間の北朝鮮の弾道ミサイル発射実験を受けて、アメリカと北朝鮮の間の緊張と言葉の応酬が最高に達しています。

北朝鮮はアメリカの脅迫に対して、地域におけるアメリカの軍事基地に対する軍事行動の準備は、アメリカが脅迫を続けている中で行われているとしています。

2017年08月12日17時24分
コメント