• アメリカのミサイル防衛
    アメリカのミサイル防衛

アメリカのロビー団体MDAA・ミサイル防衛擁護同盟のリキ・エリソン会長が、「アメリカのミサイル防衛システムは、膨大な費用がかかっていながら、ミサイル攻撃への対抗能力がない」と語りました。

プレスTVによりますと、アメリカと北朝鮮の緊張が高まる中、アメリカの軍事評論家らは「アメリカの核実験は数十億ドルもの費用がつぎ込まれているにもかかわらず、現実の戦闘状態にそぐわないものとなっている」と警告しています。

MDAAの創設者であるエリソン会長によれば、アメリカのミサイル防衛システムは、脅威となる要素への対処に向け、さらに態勢を整えるべきだとされています。

アメリカのトランプ大統領による脅迫を受け、北朝鮮はグアム島にあるアメリカの軍事基地へのミサイル攻撃を決定したと表明しました。

軍事評論家の推測では、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルはアメリカ本土をも射程圏内に捉える能力があるとされています。

2017年08月12日20時05分
コメント