• 世論調査
    世論調査

アメリカでの最新の世論調査の結果、アメリカ国民の大半が北朝鮮に対する軍事攻撃の示唆を好ましくないと考えていることが明らかになりました。

IRIB通信によりますと、アメリカ国民の60%が、アメリカは北朝鮮に軍事攻撃を示唆すべきではないと考えており、これに賛成しているのはわずか33%のみとなっています。

今回の調査ではまた、民主党を支持する人々の82%が軍事攻撃の示唆に反対しており、一方で共和党を支持する人々の63%が軍事攻撃の示唆に賛成しています。

アメリカのティラーソン国務長官は20日日曜、北朝鮮の核問題を解決する第1の、そして最も重要な選択肢は外交努力であると述べています。

アメリカのトランプ大統領は16日水曜、ツイッター上で、アメリカ・グアム島へのミサイル攻撃の中止という、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の最近の決定に反応し、これを非常に賢明で論理的な行動だとしました。

キム・ジョンウン委員長は今月15日、「当面は、グアム島のアメリカ軍基地への攻撃を示唆しないつもりだが、そのためにはアメリカも朝鮮半島での緊張を追求しないことが条件だ」と語っています。

北朝鮮はこの数日、アメリカとの舌戦が最高潮に達している中で、グアム島にあるアメリカ軍基地をミサイル攻撃すると脅迫しました。

同時に、北朝鮮人民軍の出動態勢はそのまま維持されています。

2017年08月20日16時36分
コメント