• インドで、ミャンマー軍の犯罪を非難する抗議デモが実施
    インドで、ミャンマー軍の犯罪を非難する抗議デモが実施

インドとパキスタンで、ミャンマーの政府軍による同国のイスラム教徒への非人道的な犯罪を非難する抗議デモが実施されました。

イランの衛星テレビ・サハルチャンネルのウルドゥー語放送によりますと、ニューデリーを含むインドの各地で、デモの参加者がミャンマーのロヒンギャ族のイスラム教徒との連帯を示し、同国のイスラム教徒の殺害に沈黙・加担しているとしてミャンマー政府を非難しました。

パキスタンで、ミャンマー軍の犯罪を非難する抗議デモが実施

 

また、カラチをはじめとするパキスタンの各都市でも11日月曜、人々が、ミャンマー政府に反対するデモを行い、ロヒンギャ族のイスラム教徒に対するミャンマー政府軍の犯罪に対する国際機関の沈黙を非難しました。

先月25日ごろから、ミャンマー西部ラカイン州のロヒンギャ族のイスラム教等に対する、同国の政府軍の新たな侵略攻撃や弾圧行為が始まっており、これにより、イスラム教徒6000人以上が死亡し、8000人が負傷したほか、30万人以上が隣国のバングラデシュに避難しています。

 

2017年09月12日20時04分
コメント