• ハリケーン・イルマによる混乱
    ハリケーン・イルマによる混乱

アメリカ・フロリダ州マイアミの警察が、ハリケーン・イルマによる混乱に紛れて略奪をはたらいたとして、50人以上を逮捕しました。

ロイター通信によりますと、トーマス・レガラード・マイアミ市長は12日火曜、このニュースを発表するとともに、「ハリケーン・イルマによる混乱に紛れたマイアミ市内の貧民街と、富裕層が住む区域において、商店への略奪が発生した」と語っています。

また、「マイアミ市内では、800万人が停電に直面しており、一部の地域ではガス漏れが発生している」と述べました。

マイアミ市当局は、10日日曜に出されていた、外出禁止令を解除しました。

先週の大型のハリケーン・イルマの襲撃以来、市当局は犯罪や略奪の発生について警告しました。

ハリケーン・イルマは、今なおアメリカ南東部全域を襲撃しており、豪雨と洪水、強風を引き起こしています。

アメリカ国立気象局は、フロリダ州の住民に対し新たな洪水の発生を警告しています。

フロリダ州救援サービス機構が発表した最新の統計では、今回のハリケーンがフロリダ州を通過した際に12人が死亡したということです。

2017年09月13日22時16分
コメント