• 世論調査
    世論調査

最新の世論調査の結果、ドイツ、フランス、ポーランドの国民のほぼ半分が、アメリカが他国の選挙に干渉していると考えていることが明らかになりました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、フランスの世論調査会社Ifopが行った調査、フランス、ドイツ、ポーランドの国民の40%以上、そしてイギリスの人々の3分の1は、アメリカが他国の選挙に影響力を及ぼしているとしています。

この世論調査の結果、さらにイギリス・ロンドン市民の30%はアメリカが他国の選挙に干渉していると考えていることが判明しています。

フランスでは、左派の支持者の50%が、アメリカが他国の選挙に干渉していると考えています。

さらに、こうした考えを持つ人々はドイツ東部の人々の46%、またポーランドでは、右派支持者の44%、中道派の43%、左派支持者の38%近くとなっています。

2017年10月12日21時44分
コメント