• トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、イランと6カ国の核合意におけるアメリカの責務に触れることなく、イラン産の石油の輸入を減らす可能性があるとしました。

ファールス通信によりますと、トランプ大統領は、声明の中で、「イラン産の石油や石油製品の輸入を大幅に減らすことができるほど、ほかの国から石油と石油製品が供給されている」と強調しました。

また、16日木曜、アメリカのティラーソン国務長官、ムニューチン財務長官、ペリー・エネルギー長官に向けたメッセージで、「この査定は、世界経済の状況や、一部の国による石油の増産、世界におけるエネルギーの余剰生産の可能性の拡大、アメリカの戦略的備蓄などの要因を精査した後に出されたものだ」と述べました。

アメリカのジンキ内務長官も最近、イランに対する敵対的な立場を続ける中で、イランの石油による利益を減らすための計画を有しているとしました。

イラン産の石油の輸出

アメリカは核合意により、イランの原油を輸入できる国への原油の売却量の制限など、イランの石油輸出を減少させる行動を制限されており、イランの石油の売買や運輸、石油化学・天然ガス製品などに関する制裁を停止しています。

一方で、アメリカは、イランの石油輸出を減少させる目的で、世界の石油市場を支配しようとしてます。

2016年1月の核合意発効から、アメリカは常にこの合意に違反しています。

2017年11月18日18時18分
コメント