• 北朝鮮ミサイル
    北朝鮮ミサイル

韓国のカン・ギョンファ外務大臣が、「北朝鮮は、核弾頭を搭載できるミサイルの製造にはまだ成功していない」と語りました。

韓国・ヨンハプ通信によりますと、カン・ギョンファ大臣は7日木曜、「北朝鮮は、核ミサイル製造の分野で急速な発展を遂げているが、まだその技術を完全なものにはしていない」と述べています。

カン・ギョンファ外務大臣

また、先週、北朝鮮が大陸間長距離弾道ミサイル「火星15」を発射したことに触れ、「北朝鮮が核ミサイル製造の分野で発展を遂げている事実は認められるが、それでも北朝鮮はまだこの技術を完全なものにはしていない」としました。

さらに、「我々は、北朝鮮の政権の変更や、同国に対する敵対政策を追求しておらず、北朝鮮の核兵器の廃絶に全力を挙げている」と語っています。

カン・ギョンファ大臣はまた、「韓国はこれまでどおり、北朝鮮と対話を行う用意があり、危機を平和的に解決し、南北朝鮮の平和的な統一が達成される望みが存在している」と述べました。

2017年12月07日18時04分
コメント