• ローマ法王フランシスコ
    ローマ法王フランシスコ

ローマ法王フランシスコが、イエス・キリストの生誕日に際し発表したメッセージの中で、パレスチナ人やミャンマーのイスラム教徒、難民の状態に対する国際社会の注目を求めました。

イタリア放送協会RAIによりますと、フランシスコ・ローマ法王は、「パレスチナ国民は、苦しみに耐えており、国際社会はこの問題に無関心でいてはならない」と述べました。

ローマ法王のメッセージではまた、ミャンマーのロヒンギャ族のイスラム教徒も保護されるべきだ、とされています。

ローマ法王フランシスコ

 

さらに、中東や北アフリカからヨーロッパに流入した難民、特に難民の子供たちの状態への注目を求めています。

タグ

2017年12月26日19時05分
コメント