• トランプ大統領
    トランプ大統領

この数日、アメリカの国内外で、トランプ大統領の精神的な健康に関する問題が騒がれています。

「トランプ大統領は子供みたいだ」としたトランプ大統領の暴露本、マイケル・ウォルフ著「炎と怒り」の発売を翌日に控え、大統領本人は、「私は天才だ」と主張しました。トランプ大統領のツイッターにはこのようにあります。

「私はビジネスマンとして成功し、テレビのトップスターから大統領にまで上り詰めた。賢いだけでなく、とても安定している天才だ」

トランプ大統領の就任1周年を前に、アメリカの政治家やジャーナリストらの間では、トランプ大統領の精神的な健康を疑う声が上がっています。民主党からメディアまで、幅広い層を含むトランプ大統領に批判的な立場の人々は、トランプ大統領は精神的なバランスを失っており、大統領にふさわしくないと考えています。

マイケル・ウォルフ氏

 

マイケル・ウォルフ著「炎と怒り」には、次のようにあります。

 

「ホワイトハウスでトランプ大統領と仕事をしてきたすべての人が、共通の見解を有している。それは、大統領は子供みたいだということだ」

 

暴露本「炎と怒り」

 

こうした人々は、精神的な健康に関するトランプ大統領の反応も、子供じみた行動だとし、「トランプ大統領は自分を天才だと語った」としています。また、アメリカの精神医学の専門家らも、トランプ大統領は理性を失いかけているとし、自己愛性パーソナリティ障害だという専門家も存在します。

ジョン・ガラメンディ民主党下院議員は、「トランプ大統領と共和党の多くの議員は、トランプ大統領の適性に強い疑いを抱いている」と語っています。

いずれにせよ、このような中で、トランプ大統領の弾劾問題も浮上しています。アメリカ合衆国憲法修正25条によれば、大統領が権限と使命の遂行が不能になったと判断されたとき、大統領は罷免されます。とはいえ、これまで、この条項が歴代大統領に適用されたことはありませんでした。しかし、トランプ大統領に関する最近の議論や、彼がこの数ヶ月に見せてきた行動は、この条項が適用される可能性を高めているのです。

2018年01月07日22時43分
コメント