• 韓国のムンジェイン大統領
    韓国のムンジェイン大統領

韓国のムンジェイン大統領が、「南北朝鮮の責任者による対話は、朝鮮半島の平和実現に向けたアメリカと北朝鮮の対話につながるべきだ」と語りました。

韓国・ヨンハプ通信によりますと、ムンジェイン大統領は22日月曜、来月韓国で実施されるピョンチャン冬季五輪への北朝鮮選手団の参加に、南北朝鮮が合意したことに触れ、「この出来事は、対立解消に向けたアメリカと北朝鮮の協議実現のための見本として活用できる」と述べています。

また、「南北朝鮮の間の対話が、アメリカと北朝鮮の対話に発展し、それから北朝鮮の核問題を平和的に解決し、朝鮮半島の平和を確立することができるだろう」としました。

北朝鮮の政府関係者は21日日曜、ピョンチャン五輪への北朝鮮選手団の参加準備を整えるため、韓国入りしました。

 

この数週間、ピョンチャン冬季五輪への北朝鮮選手の参加をめぐり、韓国と北朝鮮の高等使節団による協議が開催されました。

両国の合意に基づき、ピョンチャン・オリンピックには北朝鮮の選手団と楽団が参加することになります。

しかし、ピョンチャン五輪への北朝鮮選手の参加に反対する一部の人々は22日、韓国・ソウル市内で北朝鮮のキム・ジョンウン労働党委員長の肖像画と国旗を燃やしました。

第22回冬季五輪

 

第22回冬季五輪は、来月9日から25日まで、またパラリンピックは3月9日から18日までピョンチャンにて開催されます。

2018年01月22日19時10分
コメント