• IAEAとEU、再び核合意を支持

IAEA国際原子力機関とEUが、8日木曜、オーストリアのウィーンで開催された双方の関係者による年次会合で、核合意の支持を強調しました。

イルナー通信によりますと、IAEAの声明によれば、EUのモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表は、核合意合同委員会の調整責任者として、この国際的な合意の実施継続に関して、IAEAと緊密に連絡を取っていくことになるということです。

IAEAとEUは、これまでにも繰り返し、核合意を支持してきました。

IAEAは9度の報告の中で、イランの核合意の遵守を認めています。

イランと6カ国の核合意は、2016年1月から実施されていますが、アメリカ政府はこの合意の一員でありながら、常にこの合意に違反しています。

アメリカのトランプ大統領は、核合意の他の関係国とは異なり、この合意は悪い合意だとし、その破棄を求めていますが、世界はこのアメリカ大統領の敵対的な行動に反対しています。

タグ

2018年02月09日19時21分
コメント