• アメリカのトランプ大統領
    アメリカのトランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、アジアの主要貿易相手国である中国と韓国に対する報復措置を示唆しました。

メフル通信によりますと、トランプ大統領は、13日火曜、アメリカの鉄鋼・アルミニウム産業はダンピングによって衰退させられているとし、関税を含む、あらゆる選択肢を考えていると語りました。

トランプ大統領は最近、アメリカ商務省から、アルミニウムと鉄鋼の輸出に関する中国の支援について懸念すべき2つの報告を受け取っています。

トランプ大統領は、2ヵ月後までに対抗措置に関して決定を下す機会がありますが、中国に対する報復措置に強い関心を示しています。

専門家は、「アメリカによる制裁は、中国の対抗措置を招く」としており、それは世界の2つの経済大国による貿易戦争の開始という悪夢を伴っています。

中国は、世界の鉄鋼のおよそ半分を生産しています。

トランプ大統領はまた、2012年のアメリカ・韓国のFTA自由貿易協定を強く批判し、「この協定は、アメリカに損失をもたらしただけだ」と主張しました。

また「アメリカは再交渉によって公正な取り引きにするか、これを全面的に破棄する」と強調しました。

トランプ政権は、昨年7月、アメリカと韓国の新たなFTAの締結に関する協議を開始しました。

アメリカは、現在の協定がアメリカに貿易赤字をもたらしているとしています。

タグ

2018年02月14日19時50分
コメント