• 国連事務総長、「ノウルーズは人々の団結を促す」

国連のグテーレス事務総長が、イラン暦の新年ノウルーズは世界3億人以上にとっての新たな始まりだとして、「春を迎えること、自然の再生は、人々を団結させ、平和や連帯を拡大する」と語りました。

イルナー通信によりますと、グテーレス事務総長は、国連にて開催され、12カ国が参加したノウルーズ国際デーの祝祭で、「ノウルーズは、大きな喜びであり、世界に対立や人種差別が存在していても、ノウルーズの精神が必要なのは明らかだ」と述べました。

また、この式典にノウルーズを祝う国々の大使が出席したことに感謝の意を表明し、「ノウルーズは良い形で和解と連帯を促進し、その価値は、いつでも、どこでも、各国国民が連帯することができるという重要な事柄を示している」としました。

イラン、アフガニスタン、イラク、トルクメニスタン、タジキスタン、カザフスタン、キルギス、ウズベキスタン、インド、パキスタン、アゼルバイジャン、トルコの代表がこの式典に参加しました。

タグ

2018年03月22日16時41分
コメント