• トランプ大統領
    トランプ大統領

国際人権団体・ヒューマン・ライツ・ウォッチが、「アメリカは自国のダブルスタンダードな政策により、これまで以上に信用を失っている」としました。

トルコのアナトリア通信によりますと、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、アメリカは特に、ガザ地区でのシオニスト政権イスラエル軍によるパレスチナ人の殺害に関する、国際調査団の設置に向けた国連安保理の努力を妨害したため、信用を失っている、としています。

この声明ではまた、「安保理の沈黙により、シオニスト政権は今後もガザ地区での暴力行為やパレスチナ人の殺害を繰り返すだろう。そしてアメリカも、ダブルスタンダードな政策をとることでこれまで以上に信用を失うだろう」とされています。

タグ

2018年05月16日20時36分
コメント