• トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮は中国との首脳会談後、アメリカとの関係についての立場を変えたと主張しました。

イルナー通信によりますと、トランプ大統領は、韓国のムンジェイン大統領とワシントンで会談した後、記者会見で、北朝鮮のキムジョンウン朝鮮労働党委員長との首脳会談は延期される可能性があるとしました。

 

中国の習近平国家主席とキムジョンウン朝鮮労働党委員長

 

トランプ大統領はまた、このところ、両国の対立は非常に高まっているとしました。

アメリカと北朝鮮の首脳会談は、来月12日、シンガポールで行われる予定です。

アメリカのボルトン安全保障担当大統領補佐官の最近の発言と、アメリカと韓国の合同軍事訓練の開催により、アメリカと北朝鮮の緊張が高まっています。

韓国国防省は、北朝鮮の脅迫の中で、22日火曜、この軍事演習を停止する可能性はないとしました。

ボルトン補佐官は、数日前、北朝鮮との協議はリビア方式によって進められるとしました。

 

ボルトン補佐官

 

北朝鮮はボルトン補佐官の発言を挑発的だとして、協議への準備を停止するとしました。

また、アメリカが一方的に北朝鮮の核兵器廃絶を求める場合、北朝鮮はこの会談には参加しないとしました。

2018年05月23日18時49分
コメント