• トランプ大統領
    トランプ大統領

アメリカのトランプ大統領が、世界市場での原油価格の高騰を狙っているとして、OPEC石油輸出国機構を非難しました。

フランス通信によりますと、トランプ大統領は13日水曜、ツイッター上で、「原油価格が著しく高くなっているが、これはOPECの仕業であり、全く好ましくないことだ」と語りました。

一方で、世界の2大産油国であるロシアとサウジアラビアは、今月22日にオーストリア・ウィーンで開催予定の次期OPEC会合において、産油枠の上限の引き上げに関する決定を下すと発表しました。

ロイター通信が先週報じたところによりますと、トランプ大統領の核合意離脱の決定の前日に、アメリカの政府高官は電話で、サウジアラビアに対し、原油価格を維持することで、イランの原油輸出を制限する決定が成功裏に行われるための支援を提供するよう求めたとされています。

2018年06月14日18時05分
コメント