• アジア・太平洋市場で株価が下落
    アジア・太平洋市場で株価が下落

アジア・太平洋市場で、アメリカと中国の貿易戦争が激化したことにより、株価が下落しました。

イルナー通信によりますと、MSCIアジア太平洋株は、1.1ポイント、また、香港ハンセン株価指数は1.5ポイント下落しました。

また、上海株価指数は1.8ポイント、日経平均は1ポイント、韓国総合株価指数は0.55ポイント下落しました。

フランス、イギリス、ドイツなどのヨーロッパの株価も、0.4ポイントから0.6ポイント下落し、投資家はアメリカと中国の貿易戦争の激化を懸念しています。

アジア・太平洋市場の株価は、アメリカが2000億ドル相当の中国製品に対する関税を追加することを検討していると発表したことを受けて、下落しています。

中国の商務省も、中国は中国製品に対する関税の追加に関する決定に必ず報復措置をとるとしました。

タグ

2018年07月12日19時40分
コメント