• ワールドカップ・ロシア大会、フランスが優勝
    ワールドカップ・ロシア大会、フランスが優勝

サッカーのワールドカップ・ロシア大会がフランスの優勝で幕を閉じ、FIFA国際サッカー連盟が各賞を発表しました。

 

IRIB通信によりますと、ワールドカップ・ロシア大会の決勝戦は、15日日曜に行われ、モスクワのルジニキスタジアムで、フランスとクロアチアが対戦し、4対2でフランスが勝利しました。

この試合は、前半18分にクロアチアのマンジュキッチのオウンゴールでフランスが1点先制しましたが、28分にクロアチアがペリシッチのゴールで1点を返し、同点に追いつきました。

その後、38分にはフランスのグリーズマンがPKを決めて前半を終了しました。

後半に入ると、14分にフランスがポグバのシュートで3点目を取り、20分にもエムバペが4点目を決めました。

その後、24分にクロアチアのマンジュキッチが1点を返して4対2とし、試合はこのまま終了しました。

フランスが優勝、フランス人の喜び

 

なお、14日土曜に行われた3位決定戦では、ベルギーがイギリスを2対0で下しました。

フランスがワールドカップで優勝するのは、1998年のフランス大会以来、2度目のことです。

決勝戦の後、各賞が発表され、クロアチアの10番のルカ・モドリッチ選手がゴールデンボール賞に選ばれました。

モドリッチ選手は、クロアチアの準優勝に大きく貢献しました。

ルカ・モドリッチ

 

また、ヤングプレーヤー賞は、決勝でもゴールを決め、大会4得点をマークした、フランスの19歳のキリアン・エムバペ選手が獲得しました。

キリアン・エムバペ

 

最優秀ゴールキーパーに送られるゴールデングローブ賞は、ベルギーのティボー・クルトワ選手が選ばれました。

ティボー・クルトワ

 

さらに、得点王のゴールデンブーツ賞には、6ゴールを挙げたイングランドのハリー・ケーン選手が輝きました。

ハリー・ケーン

 

また、フェアプレー賞には、警告数が2枚だったスペインが選ばれています。

スペイン代表イレブン

 

2018年07月16日19時54分
コメント