• フィリピンでアメリカの内政干渉に反対する抗議運動が実施
    フィリピンでアメリカの内政干渉に反対する抗議運動が実施

フィリピンのマニラで、アメリカの内政干渉に対する大規模な抗議運動が行われました。

イルナー通信によりますと、フィリピンの抗議者は22日日曜、マニラのアメリカ大使館の前に集まり、紙に描かれたアメリカの旗を燃やしました。

抗議者は、南シナ海におけるアメリカの駐留を停止するよう求めました。

この報道によりますと、警察は、抗議者を襲撃し、これにより数名の抗議者が怪我をしたということです。

23日月曜にも、マニラの中国領事館の前に抗議者が集まり、南シナ海における中国の行動に対する抗議を示しました。

中国は、南シナ海の90%の領有権を主張していますが、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ベトナム、台湾もこの海域の領有権を主張しています。

2018年07月23日19時40分
コメント