• 熱中症対策に冷たい飲料の摂取を
    熱中症対策に冷たい飲料の摂取を

ここのところ厳しい暑さが本格化し、熱中症などの問題が表面化しています。

この厳しい暑さにより、人間の身体からは大量の水分が失われ、脱水症状や熱中症を起こす例が増えています。

熱中症の主な兆候としては、のどの渇きのほか、顔面蒼白、体力の弱まり、めまい、頭痛、痙攣などがあげられます。

毎年夏には、熱中症により病院の緊急外来を訪れる人が増加します。

特に子供や高齢者、妊娠中の女性は、そのほかの人よりも熱中症になる危険が高く、高い紺に長時間さらされると、危険な症状を起こす可能性があります。

厳しい暑さ

 

避暑対策には、次のいくつかの方法があります。

ー日陰に身を寄せること

ー明るい色の衣服を着用すること

ー水分を多く含む野菜や、冷たい飲料(チアシード、オオバコ、クジラグサを含むもの、あるいはセキャンジャビンと呼ばれる砂糖とビネガー、ミントのエキスを混ぜて作ったシャーベットなど)を摂取することで、暑さへの抵抗力を高めることが可能

2018年07月24日15時25分
コメント