2018年07月27日19時51分
  • アメリカ国務副次官補、タリバンの代表者とカタールで会談

アメリカ国務省のウェルズ副次官補が、アフガニスタンのテロ組織タリバンの代表団とカタールで会談しました。

IRIB通信によりますと、アフガニスタンメディアは、26日木曜、ウェルズ副次官補が、タリバン代表団との会談で、アメリカ代表団を率いたと伝えました。

また、ウェルズ副次官補は、アフガニスタンの和平プロセスに関して、タリバンの代表団と意見交換を行いました。

この協議の前に、アフガニスタン政府は、アメリカがタリバンとの秘密の協議に反応を示す中で、「アフガニスタンの和平プロセスにおいて、いかなる措置もアフガニスタン国民に委ねられるべきだ」と発表しました。

地域問題の専門家は、「アメリカは、2001年から、安全保障とタリバン、テロ組織、麻薬密輸との戦いを理由にアフガニスタンに派兵してきたが、同国の安全を確保することが出来ないばかりか、日々、情勢は不安定化しており、さらに、現在、タリバンと交渉しようとしているとしています。

タリバンは、アメリカ軍に対し、アフガニスタンからの撤退を要求しています。

タグ

コメント