• 南北朝鮮の首脳会談
    南北朝鮮の首脳会談

北朝鮮メディアが、和平プロセスの推進への怠慢により、韓国を批判しました。

北朝鮮の国営サイト・ウリミンジョッキリは、12日日曜、パンムンジョム宣言から100日以上が経過しているが、好ましい成果はまったくなく、これはアメリカの制裁と、韓国がそれに不正に参加していることを理由としているとしました。

また、「パンムンジョム宣言は一方的な努力で実現するものではなく、また時間もない。さらに双方は関係の強化つとめるべきだ」と述べました。

さらに、韓国がアメリカの北朝鮮に対する制裁や政策に盲目的に従うことで、パンムンジョム宣言の実施における大きな問題につながるとしました。

4月27日、南北朝鮮の首脳会談がパンムンジョムで成功裏に行われ、この中で両国首脳は戦争状態から平和条約の締結に移行し、敵対行為を停止することに合意しました。

また、13日月曜には、両国の政府高官が、南北首脳会談の新ラウンド開催の可能性を探り、前回の首脳会談の決定事項について評価するため、パンムンジョムで会合を行う予定です。

タグ

2018年08月12日18時33分
コメント