• アメリカで、キリスト教聖職者数百人が少年への性的虐待に関与
    アメリカで、キリスト教聖職者数百人が少年への性的虐待に関与

アメリカ・ペンシルベニア州の検察庁が報告の中で、この州で数百人の聖職者から、少なくとも1000人の少年が性的虐待を受け、教会当局がこれらの事実を隠蔽していたことを明らかにしました。

IRIB通信によりますと、14日火曜に発表された、1400ページにわたるこの報告書には、過去70年間にわたってペンシルベニア州で少年に対する性的虐待を行った、300人以上の聖職者のネームリストが含まれています。

ペンシルベニア州のシャピロ検事総長は、「これまでに被害を受けた1000人以上の少年らの名前が明らかにされているが、陪審員らは、実際の被害者数はこれよりもさらに多くなるとみている」と語りました。

また、ペンシルベニア州の教会の上層幹部がこれらの事実を隠蔽したとし、「現在、法的に訴追される可能性がある事例はごく少ないと思われる。それは、発覚した事例の多くは以前の教会関係者の隠蔽工作によりだいぶ過去のものとなっており、訴追が不可能であるからだ」と述べています。

ローマ教皇庁は近年、司祭やその他の内部関係者によるモラル面での大規模な不祥事に直面しています。

タグ

2018年08月15日18時02分
コメント