• アメリカ国務省のフック政策局長
    アメリカ国務省のフック政策局長

アメリカ国務省のイラン対策に関する専門チーム「イラン行動チーム」の代表をつとめるフック政策企画局長が、このチームの原則はトランプ大統領の対イラン政策の実施だと強調し、アメリカはイランの石油輸出をゼロに抑えるための行動を取るとしました。

16日木曜、アメリカのポンペオ国務長官は、国務省内にこの「イラン行動チーム」を立ち上げたと発表しました。

また、アメリカ国務省のフック政策局長をこのチームの特別代表に指名したとして、記者会見で、「アメリカ国務省と財務省の使節団はこれまで、24カ国を訪問し、これらの国に対して、イランに最大限の圧力と制裁を行使するよう促した」と語りました。

フック政策局長は、イランは地域の情勢不安を作り出し、テロを支援していると非難し、このチームの目的は世界レベルでイランの行動を変えることだとしました。

アメリカのトランプ政権は5月8日、核合意から離脱し、11月4日までにイランの石油輸出を完全に停止させるとしました。

トランプ大統領のこの行動は、国内外の大きな非難を招いています。

タグ

2018年08月17日18時30分
コメント