• 安倍総理大臣とプーチン大統領
    安倍総理大臣とプーチン大統領

ロシアのプーチン大統領が、日本との北方領土問題を解決する用意があることを明らかにしました。

ロシアアルヨウムによりますと、プーチン大統領は、10日月曜、日本の安倍総理大臣とモスクワで共同記者会見を行い、アジア・太平洋地域のすべての対立を外交的な手段によって解決する必要性を強調しました。

プーチン大統領は、「ロシアと日本は、平和的な手段による南北朝鮮の対話を推進するために協力していく」と語りました。

一方の安倍首相もこの記者会見で、「日本は、朝鮮問題の解決に向けたロシアとの協力に努める」と語りました。

ロシアと日本は、第二次世界大戦から70年以上が経過する中、未だに平和条約を締結していません。

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

2018年09月11日16時29分
コメント