• アメリカで起きた銃撃
    アメリカで起きた銃撃

アメリカ各地で、9日日曜、59件の銃撃事件があり、22人が死亡、48人が負傷しました。

アメリカの銃による暴力の統計センターは、アメリカで銃撃事件が多い地域として、アラバマ、ルイジアナ、イリノイ、ミシガン、ノースカロライナ、フロリダを挙げています。

この報告によりますと、過去48時間に、アメリカ各地で合わせて155件の銃撃事件が報告されており、49人が死亡、105人が負傷したということです。

アメリカの人々は、何度もデモを行い、銃規制の強化を求めてきましたが、アメリカ政府はこれらのデモを無視しているだけでなく、銃の自由な所持を支持しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

タグ

2018年09月11日19時06分
コメント