• 中国、南シナ海での海上自衛隊の潜水艦訓練に抗議
    中国、南シナ海での海上自衛隊の潜水艦訓練に抗議

中国が声明を発表し、海上自衛隊による南シナ海での潜水艦訓練に抗議しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省は、18日火曜、声明の中で、中国外務省の報道官の話として、このような動きは地域にとって危険なものだとしました。

また、「中国政府は、地域の平和と安全を脅かし、情勢不安の原因になるような、このような行動を控えるよう要請する」としました。

中国外務省は、南シナ海での中国の活動を擁護し、それはこの地域の航行の安全を守るためのものだとしています。

日本の海上自衛隊は、南シナ海で潜水艦による訓練を行いました。

中国はこれまで何度も日本に対し、領土問題で対立している南シナ海で軍事駐留を拡大すべきではないと警告してきました。

海上自衛隊が南シナ海で行った潜水艦訓練を、中国は、日本の軍国主義の拡大の一環とみなしています。

中国外務省は声明の中で、外国はこの地域から離れるべきであり、対立は関係国の対話によって解決されるべきだとしています。

先月にも、イギリスの艦船が南シナ海の領有権問題を抱える島々に近づき、中国はイギリスに対して真剣な警告を行いました。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

タグ

2018年09月18日19時56分
コメント