• 中国の李克強首相
    中国の李克強首相

中国の李克強首相が、「多極化へのプロセスが維持されるべきであり、通商面での一方的な行動ではいずれの問題も解決できないだろう」と語りました。

IRIB通信によりますと、李首相は19日水曜、中国・天津市で開かれた、世界経済フォーラムが主催する夏季ダボス会議で演説し、「グローバル化の流れは、一部の欠陥や不足があるものの、決してこれを押しとどめることはできず、自由貿易の基本的な原則が維持されるべきだ」と述べています。

また、「各国間の関係において、中国が思惑とするプロセスは開放により迅速化するだろう」としました。

アメリカのトランプ大統領は、中国製品に対し新たに2000億ドル相当の関税を賦課しており、これにより中国製品に対する関税率は、2019年の初めから25%に増加する見込みです。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

タグ

2018年09月19日20時24分
コメント