• アゼルバイジャン共和国の泥火山
    アゼルバイジャン共和国の泥火山

アゼルバイジャン共和国の環境天然資源省が、同国の首都バクー付近にある世界第2の泥火山が噴火したとしました。

イルナー通信によりますと、バクー近郊泥火山活動監視機関のJeyhun Pashayev長官は、これに関して、「現在、Otman Bozdag泥火山の噴火が継続され、噴出する泥やガスに引火し、200から300メートルの火柱が上がった、と語りました。

また、この地域で、深さ40メートルの地割れができている、としています。

Otman Bozdag泥火山は、最近では昨年2月に噴火しました。

アゼルバイジャン共和国には、世界の泥火山の半分に当たるおよそ400の泥火山が存在しており、これらの火山のうち1つは20年ごとに噴火しています。

泥火山からは、溶岩の代わりに、メタン、二酸化炭素、窒素などガスや泥が入った高温の地下水が噴出します。

 

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

 

タグ

2018年09月24日18時09分
コメント