• 原油価格の上昇
    原油価格の上昇

アジア市場で、原油が値上がりしました。

IRIB通信によりますと、産油枠の据え置きというOPEC石油輸出国機構および、OPEC外の産油国による決定を受け、24日月曜の取引ではアメリカ産軽油WTIウェストテキサスインターミディエイトが76セント値上がりし、1バレル71ドル54セントで取引されました。

また、ヨーロッパ産の主要銘柄・北海ブレントの11月渡し分も97セント上昇し、1バレル79ドル77セントに達しています。

アルジェリアで開催された、OPECとそれ以外の産油国による首脳会合への参加者は、需要と供給の全体的なバランス、および現在の石油市場の展望に対する満足の意を表明しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年09月24日18時56分
コメント