• アメリカ財務省
    アメリカ財務省

アメリカ財務省が、11日木曜、イランに反対する印象操作を続ける中で、イランとの貿易に関する19ページの勧告書を発表しました。

ファールス通信によりますと、アメリカ財務省の金融犯罪取締ネットワークは、イランとの違法な取引の特定を目的に、金融機関を支援するための勧告書を発表したとしました。

また、この勧告書の目的のひとつは、アメリカの金融監視機関の取り決めのよりよい理解にむけて、金融組織を支援することだとしました。

さらに、イランの国際的な金融活動は、資金洗浄やテロへの資金供給の危険があり、この間酷暑の別の目的として、その危険性を取り除くことだとしました。

アメリカは5月8日に核合意から離脱した後、イランに対する全面的な圧力行使を行っています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

タグ

2018年10月12日18時13分
コメント