• 中国と台湾
    中国と台湾

中国が、アメリカ艦艇の台湾・高雄への寄港に抗議しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省の陸慷報道官は、台湾・高雄港湾へのアメリカ艦艇の寄港に抗議し、「中国と外交関係のある国は、台湾との軍事・政治的な関係を作る権利はない」と語っています。

一方、台湾のジョセフ・ウーこと呉釗燮外務大臣は、「アメリカ艦艇の今回の台湾寄港は、両国間の軍事関係には全く関係ない」と述べました。

呉外務大臣はこれ以前に、「台湾は、中国に対するアメリカの軍事支援を必要としていない」としています。

アメリカは、今年11月に実施する大規模な作戦において、中国に対する力の誇示のため、南シナ海および台湾海峡に数隻の艦艇を派遣する事を決定しています。

中国は、これまでに何度も、台湾の独立を決して容認しないこと、並びに台湾が独立を宣言した場合には台湾を軍事攻撃する旨を表明しています。

中国は、台湾を中国の不可分の領土とみなしています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年10月18日20時39分
コメント