• アメリカの人々、冬に問題に直面
    アメリカの人々、冬に問題に直面

アメリカが国民に対して、対イラン制裁により、冬の暖房の問題が生じることになると警告を発しました。

アメリカのエネルギー情報局は、対イラン制裁などを原因とした石油の国際価格の上昇により、アメリカの人々は冬に問題に直面することになると警告しました。

アメリカの週刊誌ワシントン・エグザマイナーは、ネットサイトの記事の中で、エネルギー情報局は、今年、エネルギー価格が昨年の冬よりも上昇することが予想されると発表したと伝えました。石油の国際市場における危機は、ある程度対イラン制裁によるものであり、これは11月5日から始まる予定です。

エネルギー情報局は、アメリカで石油製品の生産のために使用される北海ブレントの1バレル当たりの価格は、およそ79ドルに達し、昨年の冬と比べておよそ15ドル上昇すると予想しました。

北海ブレントの価格上昇は、国際市場における石油の不足と、来月の石油輸出の混乱への懸念が原因となっています。

この数年、アメリカの多くの地域では、暖房に天然ガスや電気を使う努力が行われてきましたが、市民は冬の家の暖を取るために、石油を利用しています。

ワシントン・エグザマイナーはまた、石油価格が近い将来下落することについて、まったく確実ではないとしています。一方で、今年の冬の寒さは、これに関して影響を与えることになり、当然のことながら、アメリカの市民が寒い冬に直面すれば、石油価格はこれまで以上に上昇し、市民を苦しめることになります。

アメリカの気象局は、今年の冬は、昨年に比べて厳しくなると予想しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年10月18日20時53分
コメント