• オーストラリア首相が、児童性的虐待の被害者に正式に謝罪

オーストラリアのモリソン首相が、同国での児童性的虐待の被害者らに対し、正式に謝罪しました。

IRIB通信によりますと、モリソン首相はオーストラリアの議会において、国内での大規模な児童性的虐待の被害者の家族に対し、「深くお詫びする」としています。

5年がかりの調査の結果によれば、オーストラリアの学校やキリスト教会、孤児院などで数千人が性的暴行や虐待を受けており、このうち、訴訟後処罰されたケースもあるということです。

モリソン首相はまた、「このような出来事は、誰にも注目されず、毎日、毎週、毎月、何十年単位で繰り返されてきた」と語りました。

さらに、オーストラリアの政治家に対し、「今日、我々は国の責任者として、正義をきちんと実行してこなかったことを、見捨てられた子どもたちや、信用を悪用された家族の皆様に対し謝罪する」と述べました。

オーストラリアにおけるキリスト教会の関係者や政府、および一般人による子どもの性的虐待事件では、1万7000人の子供が被害を受けており、その最新の結果が王立委員会により一般人に開示されています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年10月22日20時42分
コメント