• ペンシルベニア州のシナゴーグでの乱射事件
    ペンシルベニア州のシナゴーグでの乱射事件

アメリカ・ペンシルベニア州のユダヤ教の礼拝所、シナゴーグで銃乱射事件が発生し、これにより14人死亡、12人が負傷しました。

 

 

犯人は現地時間の27日土曜、ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグの中で銃を乱射したほか、現場に駆けつけた警官に向けても発砲しました。

この報道によりますと、少なくとも警官3人が負傷したということです。

この事件の容疑者として、白人男性のロバート・バウアーズ容疑者が逮捕されました。

この犯行の動機については伝えられていませんが、一部のアメリカメディアは、この攻撃は、ユダヤ人排斥に関係があるとしています。

ペンシルベニア州のシナゴーグでの乱射事件

アメリカのトランプ大統領はこの事件に反応する中で、アメリカの銃規制の緩さに触れることなく、法の強化を求めました。

この数日間、トランプ大統領の支持者の一人が、爆発物を梱包した小包を民主党の政治家に送付しましたが、この人物は特定されました。

市民活動家は、トランプ大統領の立場や言葉が、アメリカにおける暴力や不安定化の増加の要因だとしています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年10月28日15時53分
コメント