• アメリカ連邦議会
    アメリカ連邦議会

アナリストが、アメリカ中間選挙の第一報は、トランプ大統領が2年近くに渡り大統領に就任していることで、アメリカ社会において様々な溝が深まったことを示していると語りました。

BBCスペイン語のインターネットサイトは、「この第一報の結果、これからの2年間も、およそ半数のアメリカ人を怒らせることになる。つまり、報道によれば民主党は下院でより多くの議席を獲得するが、上院は共和党が優勢になる」としました。

また、今回の中間選挙ではっきりしたことは、この中で勝利者は存在せず、アメリカの二極化が進んだということだとしました。

トランプ大統領は今後、大統領選での問題の調査が続けられること、また法案や計画が反対にあうという問題に直面することになります。

今回の中間選挙は、下院435議席、上院35議席をめぐり、実施されました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

タグ

2018年11月07日19時04分
コメント