• 米大統領が、核合意における他の関係国の意志に対し屈服

フランスのマクロン大統領が、アメリカのトランプ大統領が、核合意の他の署名国のこの合意への残留を認めたことを明らかにしました。

マクロン大統領は12日月曜、CNNのインタビューで、最近フランスで行われたトランプ大統領との会談に触れ、「トランプ大統領とは核合意のほか、通商、気候変動対策に関するパリ協定、そして多極主義といった問題について意見が対立している」と語りました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

 

タグ

2018年11月13日20時14分
コメント