2018年12月09日21時34分
  • 武器
    武器

ある調査の結果、ドイツで武器所持の認可の発行件数が激増している事が明らかになりました。

ドイツの新聞ディ・ヴェルトの9日日曜付けの記事によりますと、ドイツの16の州の省庁の世論調査の結果により、同国ではより多くの市民が自己防衛目的で、武器の所持の必要性を感じているとされています。

この世論調査の結果、さらにこれらの16州全域で、小型兵器の所持の認可の発行登録件数が130%増加していることが明らかになっています。

ドイツ警察連合も、同国内での武器所持に関する新しい統計に触れ、ドイツ国内で武器の所持に関してアメリカのような事態が拡大してはならない、と警告しています。

ドイツ・緑の党の政治家らも、同国内での武器所持件数の増加による、治安上の危険について警告しており、このような状況下では衝突が暴力事件や騒乱に発展する危険が存在する、としています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント