2018年12月12日14時19分
  • トランプ米大統領
    トランプ米大統領

アメリカ・ホワイトハウスが声明を発表し、「わが国のトランプ大統領は、大量破壊兵器に関するわが国の新戦略に署名した」としました。

スカイニュースによりますと、ホワイトハウスは11日火曜、この声明において、「アメリカの新国家戦略には、ISISをはじめとするテロ組織の大量破壊兵器獲得の阻止、並びに大量破壊兵器で仕掛けられることが予想される、あらゆる攻撃に対するわが国の防衛力の強化が盛り込まれている」と表明しました。

また、「アメリカはテロ組織に圧力を行使し、テロ組織がこの種の兵器を獲得するのを阻止する必要がある」としました。

ホワイトハウスによるこうした表明の一方で、アメリカ政府は今月5日、中距離核戦力(INF)全廃条約の離脱を正式に発表しました。

INF全廃条約は、1987年12月に当時のアメリカとソ連の政府関係者の間で締結されました。

この条約は、世界初の核軍縮・管理条約とされ、冷戦時代の終焉において大きな役割を果たしました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント